オスカーズグラインド法とは!?賭け方の手順とメリット&デメリット

オスカーズグラインド法はオンラインカジノのゲームにおける攻略法の1つです。
ローリスクローリターンという特徴があるため、リスクをそれほど冒したくないプレイヤーから重宝されています。

この記事ではオスカーズグラインド法の具体的なやり方や対象ゲーム、メリット、デメリットなどについて詳しく解説していますので、是非参考にしてください。

オスカーズグラインド法とは

オスカーズグラインド法はオンラインカジノの攻略法として知られる「ダランベール法」を少し改良したシステムベットです。
具体的な手順や対象のゲームについて確認してみましょう。

オスカーズグラインド法の賭け方・手順

オスカーズグラインド法はフラットベットで2連敗した時点でスタートします。
運用ルールは非常に簡単で以下の2点を意識するだけです。

  • 勝ったらベット額を1単位増額する
  • 負けたら次も同じ金額でベットする

ダランベール法は「勝ったら1単位減額、負けたら1単位増額」というルールなので、似ているとは運用ルールが大きく異なりますね。

対象ゲームで2連敗してからオスカーズグラインド法をスタートし、最終的に損失がなくなるか利益が発生した時点で「オスカーズグラインド法が成功した」と判断し、また1からやり直すという流れです。

オスカーズグラインド法の対象ゲーム

オスカーズグラインド法で効率的に稼げるのは的中率が約50%、配当倍率が2倍のゲームです。

ゲームの種類賭け方
ルーレットイーブンベット(Red/Black or Odd/Even or High/Low)
バカラプレイヤー or バンカー
ブラックジャック通常ベット
アンダーバハール通常ベット
ドラゴンタイガーDragon or Tiger
マネールーレット[1]へのベット
バスタビット2.0倍にベット

ルーレットをプレイする際はアメリカンルーレットだけは避けてください。配当倍率は変わらないのに、的中率は下がるだけで何もメリットはありません。

アメリカンルーレットは00の選択肢があることが目印です。

オスカーズグラインド法の注意点

オスカーズグラインド法は「フラットベットで2連敗してから」をスタートとしてください。
「勝ったらベット額を増やす、負けたらベット額を据え置き」というルールですが、1回目のベットで勝った時点でベット額を上げるのはNGです。

1回目で勝った時にベット額を上げてしまうと、メリットのところで詳述する「資金が大きく減る心配がない」というメリットを享受できなくなる可能性があります。

オスカーズグラインド法のメリット

オスカーズグラインド法で賭けると以下のようなメリットがあります。

資金が大きく減る心配がない

オスカーズグラインド法は負けた時にベット額を据え置くため、連敗しても雪だるま式に損失が拡大する心配はありません。
そのためかなり資金持久力の高いベッティングシステムと言えます。

負け越していても利益が出せる

オスカーズグラインド法は連勝さえできれば簡単に利益を出すことができます。
負ける時は賭け金が小さく、勝つ時は賭け金が大きくなるため、必ずしも勝ち越す必要はありません。

そもそも連敗した状態がスタートとなるため、負けが先行した状態で利益が出ることも多々あります。

ベット実績を着実に積み上げられる

オスカーズグラインド法は非常に資金の安定性が高いため、長期間にわたってプレイすることができます。
そのため以下のような目的でプレイに最適です。

  • リベート(コンポポイント)稼ぎ
  • VIPランク昇格
  • 入金額分の出金条件消化

オスカーズグラインド法で賭け続けてば、ゲーム単体で見るとあまり稼げていなくても、リベートやVIP特典などにより副次的に稼げるというメリットもあります。


実際にリベート稼ぎや条件消化という目的のためにオスカーズグラインド法でプレイしているプレイヤーもいました。

オスカーズグラインド法のデメリット

オスカーズグラインド法は完全無欠なベッティングシステムではなく、当然デメリットもあります。
具体的にどのようなデメリットがあるのか、詳しく解説していきます。

かなり長期戦になることもある

オスカーズグラインド法を止めるタイミングは、損失が0になるか利益が発生した時です。
オスカーズグラインド法の運用中に大きな連敗を喫したり、勝ち負けが交互に起きたりすると、いつまで経っても終了のタイミングが訪れません。

そのため20ゲーム、40ゲームとかなりの回数をプレイしたにも関わらず、雀の涙ほどの利益しか得られないというようなことも結構あります。

大きく稼ぐことはできない

オスカーズグラインド法が成功したとしても、爆発的な利益は出ません。

オンラインカジノを利用する人の中には、超高額賞金獲得者の情報を見て「自分も大きな賞金をゲットしたい」と考えている方も多いはずです。

しかしオスカーズグラインド法では一撃高配当の夢を叶えることはできないでしょう。それでも爆発的な配当を狙いたいという場合には、ベット額を大きくするしかありません。

ボーナスの消化には使いにくい

オスカーズグラインド法は長期戦になると、徐々にベット額が上昇していきます。
資金持久力が高い方法だけに「オスカーズグラインド法はボーナス消化にも最適」と考える人もいるかもしれませんが、マックスベットを超過する可能性がある以上、個人的にはあまりおすすめできません。

またオスカーズグラインド法が成功すると、最初のベット額からやり直すことになります。
しかし多くのオンラインカジノが禁止行為としている「ベット額を著しく低下させる行為」に抵触してしまうかもしれません。

そもそもオスカーズグラインド法の対象となるテーブルゲームは出金条件消化率が低いということも含めて、ボーナスの消化とはかなり相性が悪いと言えます。

毎回の賭けが面倒くさい

オスカーズグラインド法は前回の結果に応じてベット金額を変えなければならないため、非常に面倒です。
オートプレイ機能を利用することはできませんし、毎回集中して結果を確認する必要があります。

また多くのゲームには賭け金を前回の倍額にする「ダブルベット」という機能はありますが、1単位分だけ増額する機能はありません。
そのためクリックしたりタップしたりしながら賭け金を調節する必要があります。

かける労力に対して得られるリターンが小さいため、個人的には非常にコスパの悪いベッティングシステムであると感じています。

オスカーズグラインド法の評判・口コミ

実際にオスカーズグラインド法を使ったことのあるプレイヤーの口コミを調査してみました。

ベット額が40単位まで跳ね上がったということで、かなり長期戦だったことが伺えますね。
やはり1回の連勝だけでは取り戻せない金額まで損失が膨らんでしまうと、メンタル的にかなり負荷もかかってきます。

ツイート主さんはEvolution GamingのDream Catcherをプレイしたようですが、個人的には一撃高配当が狙えるゲームでオスカーズグラインド法を使うのはおすすめできません。

確実性という点では、オスカーズグラインド法はかなり高い評価を得ていますね。
しかし1回あたりの利益は小さいため、それなりの利益を稼ぐためには結構長い時間プレイしなければなりません。

特にスロットなどで1回でも一撃高配当を経験したことがあるプレイヤーの場合、オスカーズグラインド法のペースには我慢できなくなってしまうのではないか、とも感じます。

オスカーズグラインド法はかなりローリスクローリターンというイメージですが、ぽぴん寸前から一気に巻き返すなんていうこともあるんですね。よほど波が悪くない大けがすることはないと思いますが、ギャンブルである以上徐々に損失が拡大してしまう可能性は十分あります。

「いつか利益が出せるから」と考えて引くに引けなくなる展開が一番マズいので、どこかでしっかりと損切りできるようにルールを設定しておいた方が良さそうですね。

オスカーズグラインド法の利用がおすすめのゲーム

実際にオスカーズグラインド法を使うことで効率よく稼げるおすすめゲームを紹介します。

Speed Auto Roulette

Evolution GamingのSpeed Auto Rouletteはオスカーズグラインド法を利用したいプレイヤーの中でも、特にローリスク志向の方におすすめです。
Speed Auto Rouletteの最低ベット額は0.10ドルに設定されているため、仮に勝ち負けが交互して賭け金が無駄に大きくなる心配はありません。

もちろん稼ぎにくさも増長することになりますが、「絶対に資金を失いたくない」「オスカーズグラインド法の実効性を確かめてみたい」などと考えているプレイヤーには最適のゲームと言えるでしょう。

First Person Blackjack

First Person BlackjackはEvolution Gamingがリリースしている、ライブブラックジャックを模したバーチャルゲームです。
First Person Blackjackの大きな特徴は、最大で5つまでマルチハンドで賭けられることにあります。

5つのハンドで同時にオスカーズグラインド法でベットをしていけば、必ずしも全勝する必要はなく、3勝2敗の場合も利益が出ます。
仮に連敗しているとしても、5つのハンドのうち1つでも勝利しているハンドがあれば、ある程度損失額を抑えることも可能です。

First Person Blackjackに限らず、マルチハンドでベットできるブラックジャックは様々なベッティングシステムとの相性が良いので、是非プレイしてみてください。

1000X Busta

1000X BustaはRelax Gamingがリリースしているバスタビットです。
1.01倍から1000倍まで好きな倍率に設定ができますが、オスカーズグラインド法を使いたいなら2.0倍に賭けます。

1000X Bustaは他のテーブルゲームと比べると進行が早く、一瞬で終わらせることもできるため、プレイ回数が多くなってしまっても意外と短時間で終わらせることも可能です。

ある程度損失額が膨らんで「ここから3連勝しないといけない」という時には、少し高めの倍率に設定することで一発で捲るという戦術を取るなど、柔軟なベッティングができます。

オスカーズグラインド法で大爆発が狙える唯一の方法

ここまでオスカーズグラインド法では一撃高配当は狙えないということを説明してきました。
しかしスロットに応用することで、大爆発が狙えない訳ではないと考えています。

もちろん1スピンごとにベット額を変えるという訳ではありません。50スピン、100スピンと一定の回転数でタームを組み、1ターム単位での利益を目指す方法となります。

スロットはかなり波が荒く、テーブルゲーム以上に「勝てる時は勝てる。負ける時は負ける」がはっきりしているゲームです。そのため悪い波にのまれて損失が拡大する時もあれば、良い波に乗じて一気に高配当を稼げることもあるでしょう。

スロットの波は100スピンくらいで変わることが多いので、50スピンでタームを組み、連勝で一気に高配当を狙うのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。