31システム法とは!メリットとデメリットを踏まえて攻略シミュレーション

31システム法は小さなリスクでコツコツ稼ぎたい方におすすめのベッティングシステムです。この記事では31システム法の概要や対象ゲーム、メリット、デメリットなどを詳しく解説しましたので、参考にしてください。

31システム法とは

31システム法は別名「2連勝法」とも言われます。簡単に言うとルール通りに賭ければ2連勝した時点で利益が確定するということです。具体的な賭け方の手順や対象ゲームなどを見ていきましょう。

31システム法の対象ゲーム

31システム法の対象となるのは以下の条件を満たしているゲーム及び賭け方です。

  • 勝率が50%
  • 配当倍率が2倍

厳密に勝率が50%になる賭け方はオンラインカジノにはありませんが、具体的には以下のような賭け方が該当します。

  • ルーレットのイーブンベット
  • ブラックジャック
  • バカラのPLAYERベット
  • ドラゴンタイガーのDragonもしくはTigerベット
  • マネールーレットの「×1」ベット
  • シックボーのイーブンベット

Evolution Gamingのライトニングシリーズなどでは、一撃性のある配当を狙うこともできますが、きちんとルール通り運用していきたい場合には、込み入ったルールのないオーソドックスなゲームを選ぶのがおすすめです。

31システム法の賭け方・手順

31システム法は以下の手順に従って賭けて行きます。

  1. ベット額の1単位を決める
  2. 最初の3回は1単位分を賭ける
  3. 4回目と5回目のベットは2単位分を賭ける
  4. 6回目と7回目のベットは4単位分を賭ける
  5. 8回目と9回目のベットは8単位分を賭ける

また31システム法には終了の合図もあります。具体的には以下の2つのタイミングです。

  • 2連勝した時
  • 9回目のベットが終了した時

2連勝した場合には31システム法は成功となり、必ず利益が出ます。一方で9回目のベットが終了した時は、2連勝フィニッシュなら利益が出ますが、それ以外の場合には損切をしなければなりません。

31システム法の注意点

31システム法を運用する上で、いくつか注意しておくべきポイントを解説します。

ゲーム選びにおける注意点

31システム法を使うにあたり、ルーレットでプレイしようと考えている方は、絶対にアメリカンルーレットを選んではいけません。アメリカンルーレットは「00」があることが目印です。

アメリカンルーレットは「00」があるせいで、ベットの的中率が3%ほど下がってしまいます。しかし配当倍率はヨーロピアンルーレットやフレンチルーレットと同じルールですので、アメリカンルーレットを選ぶ理由が全くありません。

「かつてラスベガスのランドカジノで味わった恨みを晴らしたい」など特殊な事情がある場合以外は、オーソドックスにヨーロピアンルーレットを選びましょう。

バカラの賭け方における注意点

バカラでプレイする場合は、PLAYERとBANKERの2つの賭け方があります。このうちおすすめなのはPLAYERへのベットです。というのもBANKERベットで的中させた場合には、コミッションとして5%が差し引かれ、1.95倍の配当しか得られないためです。

理論上の勝率はBANKERの方が4%ほど上回っていますが、実際にプレイしてみると基本的には五分五分で勝敗は推移します。またBANKERで31システム法を運用すると、利益の計算が面倒くさくなるという難点もあります。

ドラゴンタイガーでタイだった時の注意点

ブラックジャックやバカラにおいて結果がタイだった場合には、ベット額が返金されます。そのため賭けは行われなかったものと見なして、再度前回と同じ金額で賭ければOKです。

しかしドラゴンタイガーの場合はタイだった場合に、ベット額が半分しか返金されません。そのため賭けが行われなかったものと判断すると、31システム法が成功した場合でも、損失が生じてしまう可能性があります。

ドラゴンタイガーで賭ける場合には、勝ち以外はすべて負けたものと判断して、31システム法を運用するようにいしてください。

31システム法のシミュレーション

31システム法を実際に運用してみると起こり得るいくつかのケースを紹介します。

ケース①最初に2連勝する

最初に2連勝すれば当然その時点で終了です。以下のようにベット額2単位分の利益を確保できます。

回数ベット額勝敗損益
1回目100円+100円
2回目100円+200円

1回目の時点で勝利しているので、その時点で31システム法の成功と判断するのもアリです。終了する場合にも継続する場合には2回目のベット額は上がりません。

ケース②勝ったり負けたりしながら7回目で2連勝する

31システム法は基本的に勝率50%の賭けで運用するため、勝ったり負けたりをします。その場合のシミュレーションをチェックしてみましょう。

回数ベット額勝敗損益
1回目100円×-100円
2回目100円0円
3回目100円×-100円
4回目200円×-300円
5回目200円×-500円
6回目400円-100円
7回目400円+300円

途中3連敗を喫しても、すぐに取り返すことができました。トータル3勝4敗でも利益が出ていますね。

ケース③7連敗して2連勝する

7連敗からの2連勝こそ、31システム法で僥倖を味わえる瞬間です。具体的なシミュレーションを見てみましょう。

回数ベット額勝敗損益
1回目100円×-100円
2回目100円×-200円
3回目100円×-300円
4回目200円×-500円
5回目200円×-700円
6回目400円×-1100円
7回目400円×-1500円
8回目800円-700円
9回目800円+100円

2勝7敗という圧倒的に分が悪い成績でも、利益を出せました。

31システム法のメリット

実際に31システム法を運用するにあたって、どんなメリットがあるのか詳しく見ていきましょう。

少ない勝利でも利益が出せる

シミュレーションでも解説したように、31システム法は負け越していても利益を出すことができます。勝率50%のゲームにおいてフラットベットで利益を出そうとすると、普通は勝ち越さなければなりませんからね。

理論上2連勝できる可能性は25%ですが、カードゲームには結構波があるので、比較的成功率は高めと言えます。

最大損失額が31単位しか生まれない

31システム法が仮に大失敗をして9連敗したとしても、最初のベット額の31単位分の損失しか生まれません。具体的にシミュレーションを見てみましょう。

回数ベット額勝敗損益
1回目100円×-100円
2回目100円×-200円
3回目100円×-300円
4回目200円×-500円
5回目200円×-700円
6回目400円×-1100円
7回目400円×-1500円
8回目800円×-2300円
9回目800円×-3100円

もちろん手痛い損失であることに違いはありませんが、仮にマーチンゲール法を100円ベットスタートで運用していた場合、損失額は5万1100円です。比較してみると、31システム法が圧倒的にリスクの低い賭け方であることがお分かりいただけるでしょう。「31システム」というベッティングシステムの名前も、最大損失額が31単位であることに由来しているんですね。

そのためできるだけ損失を出したくないと考えているローリスク志向のプレイヤーにはおすすめです。

損切りができる

オンラインカジノで稼いでいくために非常に重要なのが「損切り」です。順調に資金を稼げていても、うまく損切りができないせいで資金を大きく溶かしてしまう事例も少なくありません。

しかし31システム法の場合、9回のベットを行った時点で強制終了となります。もちろん損切りする瞬間はかなりもったいない気がしてしまいますが、長い目で見て利益を増やしていくためには非常に重要な判断です。31システム法が成功しなかった場合でも、また1から出直していけば、着実に損失を取り戻すことができます。

31システム法のデメリット

31システム法はかなり有能な攻略法ですが、当然デメリットもあります。完全無欠の攻略法だと、カジノ側が潰れてしまいますからね。具体的にどのようなデメリットがあるのか確認してみましょう。

大きく稼ぎにくい

31システム法はローリスク・ローリターンの攻略法なので、一撃性はありません。期待できる最大利益は7単位分となります。もちろん何度も31システム法を成功させ続けることで着実に資金を増やすことはできますが、かなり時間がかかることは知っておきましょう。

勝ち負けが交互に起こると勝てない

31システム法の最悪のケースは9連敗することですが、起こり得る確率は0.19%とかなり低めです。しかし勝ち負けが交互に発生することは多々あります。31システム法は2連勝しない限り利益が出ないため、勝ち負けが交互に起こるのは非常に都合の悪い状態です。

31システム法で賭けていると、結構勝ち負けが交互して損切しなければならないケースもあります。それでも慌ててベット額を大きくするなど悪手を打たないことが肝心です。

記録を取るのが面倒くさい

31システム法では数回おきにベット額を変更しなければなりません。そのため常に記録を取りながら、次はいくらのベットをすべきなのか考えておく必要があります。

ルーレットやバカラのように賭けたら最後、あとは結果を待つだけというゲームならば良いですが、ブラックジャックやポーカーのようにベット後にもアクションが必要になるゲームだと、脳のリソースがいっぱいいっぱいになってしまうかもしれませんね。

就寝前の布団でのプレイや自由が利かない満員電車内といった状況においては、31システム法を使わない方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。