BeeBetを辛口解説!安全に遊べるブックメーカー!?

BeeBetは2020年にオープンしたばかりの比較的新しいオンラインカジノです。
特にスポーツ部門に力を入れており、スポーツベット好きには必見のサイトと言えるでしょう。

本記事ではBeeBetを様々な観点から、辛口コメントも含めて徹底的に紹介していきます。BeeBetを利用するメリット、デメリットを知りたいという方はぜひ参考にしてください。

1 Ban Ventures Ltd

Chase Business Centre, 39-41 Chase Side, London, England, United Kingdom, N14 5BP

オランダ領キュラソー島

beebetの評価
総合評価
 (2.5)
安全性
 (2)
ボーナス
 (1)
トーナメント
 (0)
VIP・ロイヤリティ
 (0)
入出金
 (2)
ゲーム
 (3.5)
サポート
 (3.5)

最初にBeeBetniについてメリットをまとめてみました。

  • アカウント登録時に無料のボーナスを貰える
  • 高校野球など珍しい試合に賭けることができる
  • サポートが使いやすい

一方でBeeBetのデメリットとしては、以下のような内容が考えられます。

  • ボーナスがない
  • 入出金が面倒臭い
  • 出金スピードが遅い

総合的に見ると、非常に評判が良いオンラインカジノが多い中で、わざわざBeeBetを選ぶインセンティブはないのではないか、というのが率直な印象です。

2021年以降は新興のオンラインカジノが閉鎖に追い込まれる事例が多発しているだけに、BeeBetも程なくして閉鎖してしまうのではないか、と危惧している部分もあります。

Beebet公式サイトを見る

BeeBetの安全性

最近は夜逃げのような形で閉鎖したオンラインカジノもあるだけに、ユーザーにとって安全に利用できるか否かは非常に重要な評価ポイントです。
筆者個人としては、BeeBetの安全性はそこまで高くないという印象を受けます。

その理由は以下の2点です。

運営実績が浅い

BeeBetがオープンしたのは2020年です。決してわずか1年少々の運営歴ということで、運営実績はかなり浅いと言わざるを得ません。

最近は新興のオンラインカジノが毎月誕生する一方で、運営実績が浅いオンラインカジノが閉鎖する事例も相次いでいます。運営実績が浅い以上、BeeBetが長きにわたって安定的に運営され続けるという保証はどこにもありません。

サイト上でライセンス証をチェックできない

個人的にBeeBetに対する怪しさを禁じ得ないのは、サイトにライセンスのアイコンが表示されていないということです。「オランダ領キュラソー島のライセンスを取得している」という記載こそあるものの、事実の証明となるライセンス証は確認できませんでした。

合法的に運営されているオンラインカジノはサイト上から必ずライセンス証をチェックできるだけに、「本当にBeeBetはオランダ領キュラソー島のライセンスを取得しているのか」「もしかしたら違法に運営されているのではないか」といった不安は拭えません。

BeeBetのボーナス

登録ボーナス30ドル
ウェルカムボーナスなし
リベートボーナスなし
キャッシュバックボーナスなし
入金ボーナスあり
ボーナスの出金条件12倍

オンラインカジノと言えばボーナスが非常に重要です。BeeBetもプレイヤーを歓迎するためにボーナス制度を用意しています。しかし充実度で言えば、他のオンラインカジノと比較して極めて貧相と言わざるを得ないのが現実です。

アカウント登録で30ドルの無料ボーナスが貰える

BeeBetではアカウント登録を行うと、無料で30ドルのボーナスがもらえます。アカウント登録完了後にプロモーションページから、ボーナスコード「NEWNONDEP30」を入力すれば、誰でもボーナスを受け取り可能です。

完全無料で受け取れるボーナスなので、まずはリスクフリーでの賭けを楽しみたいプレイヤーにとってはメリットが大きいボーナスと言えます。

出金条件は12倍ということで、他のオンラインカジノで貰える登録ボーナスと比べるとかなり甘めという印象です。トータルで360ドル分のベットを行うことで、出金可能な状態になります。

登録ボーナスはカジノでは使えない

お得な30ドルの登録ボーナスですが、何とスポーツ部門でのみ利用でき、カジノ部門では一切利用することができません。まずはカジノゲームを無料で楽しみたいと考えているユーザーからは、不評の声も目立ちます。

またスポーツ部門でも完全に自由な賭けが許されているわけではなく、1.3倍以上のオッズのみ賭けることができます。せっかく賭け条件を消化していても、規定以下のオッズに賭けていた場合には条件消化に寄与しないので注意が必要です。

また最高で出金可能額は300ドルという上限がある点も注意しなければなりません。仮に調子よくボーナスが増え、300ドル以上になったとしても、300ドルを超過する金額については没収されてしまうことになります。

新規ユーザーを対象にしたウェルカム入金ボーナスがない

オンラインカジノと言えば新規プレイヤーを対象にしたウェルカム入金ボーナスが魅力です。評判の高いオンラインカジノはいずれもお得な入金ボーナスを用意して、プレイヤーを歓迎しています。

しかしあろうことか、BeeBetでは新規プレイヤー向けに1セントたりとも入金ボーナスのオファーがありません。従ってカジノ部門で賭けを行うためには、自己資金を必ず賭ける必要があります。

レギュラーの入金ボーナスがない

BeeBetはウェルカム入金ボーナスだけではなく、平時の入金で貰えるボーナスもありません。口コミを調べてみても、ゲリラ的に入金ボーナスオファーがあるというような内容も見られませんでした。

競争が激化しているオンラインカジノ業界にとってボーナスは他社と差別化するためのプロモーションではなく、もはや「オファーがあって当然」くらいの認識になりつつあります。そのため、一切入金ボーナスオファーがない点はBeeBetの大きなマイナスポイントと言わざるを得ません。

リベートボーナスやコンプポイントがない

入金ボーナスが一切ないとしても、代わりにリベートボーナスやコンプポイント制度があるのが通例です。実際にエルドアカジノなどは入金ボーナスがなくても、満足度が高いリベートボーナスを用意していることでユーザーから良い評判を集めています。

しかしBeeBetにはリベートボーナスもコンプポイントも一切ありません。

BeeBetのトーナメント

オンラインカジノ業界では、資金をお得に稼げる可能性があるトーナメントも人気コンテンツの1つです。しかしBeeBetの公式サイトを見たところ、トーナメントが開催されている様子はありませんでした。

入金ボーナスもなければリベートボーナスもなく、さらにトーナメントも開催されないということで、オンラインカジノにおいてユーザーからの評判が高い稼ぎ方は、BeeBetでは全く楽しむことができません。

ちなみに本記事を執筆している時点では、ユーロ2020の大会期間中だったこともあり「EURO KICK OFFイベント」というイベントが開催されていました。

しかしあくまでもEvolution Gaming主催のイベントです。将来的にBeeBet主催のトーナメントが開催されることに期待しましょう。

BeeBetのVIP・ロイヤリティ

BeeBetにはVIP制度やロイヤリティプログラムがありません。そのためハイローラーならば、BeeBetではない他のオンラインカジノでプレイをした方が、圧倒的にお得に楽しむことができます。

BeeBetの入出金

入金方法ON RAMPMGS
入金手数料無料
出金方法ON RAMPMGS
出金手数料無料
出金所要時間最長48時間

ボーナスもない以上、BeeBetでの賭けを楽しむためにはアカウントへの入金が必須です。しかし入金面、出金面を見てもあまり良い印象を受けません。具体的にBeeBetの入出金について、詳しく解説していきます。

王道の決済方法が利用できない

BeeBetで利用できる入出金方法はON RAMPとMGSという2択しかありません。業界でユーザーから高い評価を得ているエコペイズやヴィーナスポイント、仮想通貨などといった決済方法は利用することができません。

ON RAMPではクレジットカードでの入金ができるものの、ベラジョンカジノやインターカジノ、クイーンカジノなど評価の高いオンラインカジノはON RAMPの導入から程なくして、ON RAMP非対応となってしまいました。

恐らくON RAMPがオンラインカジノ業者から高い評価を得られなかったのでしょう。個人的にもあまり使い勝手が良くないという印象を受けます。

またMGSは銀行振込やコンビニからの入金ができるものの、MGSに対応しているのは業界でもBeeBetくらいしかありません。そのため決済面の充実度は、業界でもワーストクラスと言わざるを得ません。

ちなみにMGSに関して口コミを調べてみると、銀行口座への出金がうまくできないという内容が見られました。

せっかく稼げても実際に換金できるか分からないという点には、不安を抱かざるを得ません。

入金前に本人確認が必要

オンラインカジノの本人確認は通常資金を出金する前に求められます。しかしBeeBetの場合は、資金を入金する前に本人確認を完了させなければなりません。

実際に本人確認未了の状態で入金しようとすると、以下のようにメッセージが表示されます。

もちろん本人確認はすぐに完了するわけではなく、審査が終わるまでは待つ必要があります。すぐにプレイしたいと思っているのに、なかなか入金すらできないという焦らしに対しては、ユーザーからの悪い評判も少なくありません。

結局いつかは完了させる必要がある手続きなので、予め済ませることができるのはメリットです。しかし個人的には入金前の本人確認は不要なのではないか、と感じています。

1か月あたり最大で1万ドルしか出金できない

BeeBetは出金可能額が1か月あたり1万ドルに制限されています。

最大出金額は、$10,000(USドル)/月までとなります。

引用元:BeeBet利用規約

順調に資金が増えて残高が1万ドルを超えたとしても、全額出金するためには複数の月にまたがらなければなりません。

リベートボーナスやVIP制度がないことも含めて、BeeBetはハイローラーにとって利用する価値すらないと言えます。

出金スピードが遅い

BeeBetは出金が遅いのも難点です。公式サイトでは出金完了までに最大48時間程度を要するという記載が見られます。

出金までに要する時間については、最短で当日、48時間以内にBeeBet側の処理が完了します。

引用元:BeeBet利用規約

最近は多くのオンラインカジノが高速出金を実現しており、数分で指定の口座に着金するというような事例も少なくありません。そのためBeeBetの出金スピードは極端に遅いわけではないものの、業界標準と比較するとどうしても物足りなさを感じてしまいます。

しかし口コミを調べてみると、「BeeBetの出金は早い」というような内容も一部見られました。

実際に出金が早いか遅いかは主観による部分も大きいですが、できれば安定的に高速出金ができるようになることに期待したいところです。

日本円が使えない

BeeBetではサイト内で日本円を使うことができません。アメリカドルでしか入出金及びベットを行うことができない以上、アメリカドルでの表記に順応する必要があります。

しかしオンラインカジノ業界においては、外貨建ての通貨表記に慣れず、無謀なベットに走ってしまうという事例も少なくありません。

そのため気づいたころには大負けを喫して、一気に資金を失っていたなんていう可能性もあります。日本人ならばやはり日本円を使って賭けられるオンラインカジノを選ぶ方が安全です。

BeeBetのゲーム

ゲームの充実度はオンラインカジノの評価ポイントの1つです。具体的にBeeBetのゲームについて、詳しく解説していきます。

プロバイダの充実度は普通

BeeBetは以下14社のプロバイダを採用しています。

  • Blueprint
  • Golden Hero
  • NetEnt
  • One Touch
  • Play’n GO
  • Playtech
  • Pragmatic Play
  • Push Gaming
  • Red Tiger
  • Relax Gaming
  • Skywind
  • Slingo
  • Slot Factory
  • Yggdrasil

ユーザーからの評判が良い人気プロバイダは概ね網羅しており、特に不足感はありません。

『Moon Princess』や『Hawaiian Dream』を始めとして、業界でも屈指の高評価を誇るゲームをBeeBetでもプレイすることができます。

ゲーム検索性能が乏しい

ゲーム検索性能の乏しさはBeeBetの評判が良くないポイントです。ゲームカテゴリでの検索のほか、ゲーム名及びプロバイダでの検索機能を備えているのみで、ボラティリティレベルやペイアウト率順、ペイライン数といった、利便性の高い検索方法は搭載されていませんでした。

そのため好きなゲームはお気に入り登録するなどおかないと、毎回のゲーム検索が若干面倒になってしまいます。

スポーツベットでは他社には見られない賭けを楽しめる

BeeBetはスポーツベット部門の充実度が最も大きな魅力と言えます。なぜなら他社では取り扱いがない高校野球などの試合も、BeeBetでは賭け対象となっており、実際にリアルマネーを使ってベットを行うことができるためです。

果たして高校野球の試合が賭け対象になるのはいかがなものかという議論はありますが、高校野球ファンの方は数あるスポーツブック対応のオンラインカジノの中から、わざわざBeeBetを選ぶだけのインセンティブはあると言えます。

スポーツベットでは試合のストリーミング視聴可能ができる

BeeBetはインプレーベットの対象試合をストリーミング視聴できるという点も良い評判を集めているポイントです。

実際に試合の雰囲気を見ながら賭けが行えるということで、賭けの的中率が高まることは間違いありません。また場合によってはDAZNやJスポーツ、スカパーなどの有料動画配信サービスですら放送されない試合を視聴できるという可能性もあります。

月額課金が不要なだけではなく、賭けを通じて資金を増やしながらスポーツの試合観戦を楽しめるということで、スポーツ好きにとってBeeBetはかなり魅力的なオンラインカジノと言えるでしょう。

BeeBetのサポート

日本語サポートあり
問い合わせ方法ライブチャット/Eメール
サポート対応時間24時間

BeeBetには日本語サポートがあります。サポートに対してはどのような評判が見られるのか、具体的に紹介していきます。

チャットサポートが24時間利用できる

リアルタイムで問題を解決できるライブチャットサポートは24時間利用可能です。そのためいつトラブルに見舞われてしまったとしても、すぐに解決を依頼することができます。

サポートを頼ることに一切でメリットはありませんので、少しでも分からないことや不安があった場合には、積極的にサポートを利用してみましょう。

ユーザーからのサポート評価が高い

BeeBetのサポートの評判を調べてみると、概ね好意的な意見が見られました。

サポートの対応が不誠実なあまりトラブルに発展するというケースも結構見られるだけに、丁寧なサポートを受けられるのは嬉しいですね。

筆者自身も実際に利用してみましたが、かなり迅速に返答が貰えた上に、返答内容がかなり具体的で分かりやすかったことで好印象を抱いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。