Tome of madness(トームオブマッドネス)【ビデオスロット攻略法考察】

Tome of madnessは古代遺跡の探索をモチーフとして2019年に開発されたビデオスロットです。

BGMからは非常に邪悪な雰囲気が感じられますが、実際にプレイしてみると様々な演出が施されており、大いに楽しめることでしょう。
個人的にも気に入っているビデオスロットの1つです。

この記事では、Tome of madnessというビデオスロットについて詳しく解説してみました。
是非参考にしてください。

Tome of madnessmのスペック

Tome of madnessはベースゲームとフリースピンの2つのモードから成り立ちます。
連鎖により様々なフィーチャーが発動される演出は「これぞPlay’n GO」という感じがしますね。

ゲームプロバイダPlay’n GO
ゲームタイプビデオスロット
リール構成5×5
ペイライン数クラスタータイプ
ベット可能額0.20ドル~100ドル
オートプレー可能(最高100回)
高速プレーあり
ペイアウト率96.59%

Tome of madnessのプロバイダはお馴染みのPlay’n GOです。
同社のビデオスロットで言えば、ReactoonzやSweet Alchemyと同じような仕様ですね。

どうやら最大で2000倍まで配当が出る可能性がある模様。
実際にプレイしてみると、正直そこまで出る気がせず、100倍も出ればいい方という印象なのですが、爆発力という一芸は備えたビデオスロットなのだと言えるでしょう。

通常シンボル

Tome of madnessには以下8種類の通常シンボルがあります。

宝石はなんとなく高額配当というイメージですが、Tome of madnessの場合は低額シンボルなのが特徴ですね。

特殊なシンボル【ワイルドシンボル】

Tome of madnessには何と3種類ものワイルドシンボルがあります。

1つ目がスペシャルワイルド。
名前の割には普通で、他のビデオスロットと同じように、他のシンボル全てを代用します。

2つ目がマルチプライヤーワイルド。
このワイルド込みで発生した配当は、すべて2倍のマルチプライヤーが乗算されます。

ベースゲーム中も結構な確率で出現するため、Tome of madnessの資金持久力の高さの一因となっています。

3つ目がメガワイルド。
このワイルドはフリースピンで条件を満たした場合のみ出現。

2×2の面積を占めるため、爆発的な配当を生み出しくれることがあります。
Tome of madnessで一獲千金を狙うのであれば、このメガワイルドの出現が必須です。

配当成立条件

Tome of madnessでは、同じシンボルが4つ以上隣接していた場合に配当を獲得できます。

この場合は、赤の宝石が4つ隣接しているため、配当獲得です。

ベースゲーム中のフィーチャー①目の印

ベースゲーム中にスピンをすると、グリッド上の任意の1か所が「目の印」に設定されます。

目の印に位置するシンボル込みで配当が成立すると、特殊なフィーチャーが発動。

グリッド上の任意の位置2か所にスペシャルワイルドを召喚してくれます。

ベースゲーム中のフィーチャー②ポータル

ベースゲーム中に配当が発生すると、画面左上の「ポータル」が貯まっていきます。

このポータルが一定のラインを超えると、その数に応じてフィーチャーが発動。

消去した合計シンボル数が7個を超えると、グリッド上の任意の2か所にスペシャルワイルドを召喚します。

消去した合計シンボル数が14個を超えると、グリッド上の任意のシンボル2つをスペシャルワイルドに変換します。
そしてこのスペシャルワイルド込みで配当が発生した場合はABYSSが発動。

ABYSSは同列の縦ラインもしくは横ラインのすべてのシンボルを消去するという効果です。
ABYSSにより消去されたシンボルも、ポータルに加算されます。

消去した合計シンボル数が27個を超えると、再びグリッド上の任意のシンボル2つをスペシャルワイルドに変換します。
そしてこのスペシャルワイルド込みで配当が発生するとVOIDが発動。

VOIDはグリッドの1種類のシンボルを消去するという効果です。
このVOIDにより消去されたシンボルもポータルに加算されます。

フリースピンのトリガー

Tome of madnessのフリースピン「別世界 Free Round」は、1回のスピンで消去したシンボルの合計が42個以上になるとトリガーされます。

条件を達成した暁には、以下のようなメッセージが表示されます。

フリースピンの回数

Tome of madnessのフリースピン回数は、消去したシンボルの数により異なります。
具体的には以下の通りです。

消去したシンボル数フリースピン回数
42~44個3回
45~47個4回
48~50個5回
51~53個6回
54個以上7回

当然スピン回数が多い方が、チャンスは広がります。
それだけに少しでも多くのシンボルを消去しておきたいところです。

フリースピンのフィーチャー①ワイルド転換

フリースピン中、1回のスピンでそれ以上の配当が発生しなくなると、任意の4つのシンボルがスペシャルワイルドに変換されます。
そしてそのシンボル込みで配当が成立すると、ABYSSもしくはVOIDが発動。

フリースピン中にポータルが貯まることはありませんが、次に紹介する「メガシンボル」を召喚するためには非常に重要です。

フリースピンのフィーチャー②メガワイルド

フリースピン、そしてTome of madnessの最大の見どころがメガワイルドです。
このメガワイルドを発動するためには、1回のスピンですべての「目の印」をオープンする必要があります。

ベースゲーム中は1か所しかなかった「目の印」もフリースピン中は12か所。
すべてオープンするのは至難の業です。

しかしその条件を見事に達成すると、ついにTome of madnessの大爆発の恩恵を受けることができます。
グリッドを一段一段下るようにして機能するため、実に4回分の配当を生み出してくれるため、期待値も抜群です。

Tome of madnessの勝利者の声

Tome of madnessは名作を次々に生み出しているPlay’n GOのビデオスロットの中でも、トップクラスの人気度を誇る機種です。
そのためこれまで数多くの勝利者を生み出しています。いくつか「勝利者の声」として紹介させてください。

「サクッと100倍」という言葉が良いですね。
私個人としては、そこまで簡単に100倍が出るという印象はありませんが、やはりフリースピンの軽さもあってか、速効性はある機種と言えるでしょう。

しかし1スピンのベット額1000円というのはなかなかリスキー。
このくらい高額で攻めないと、やはり満足のいく配当は出ないのでしょうか。

この方は0.5ドルベット100ドル配当ということで、実に200倍以上の配当を出していますね。

やはりメガワイルドを召喚できた時の爆発力は圧巻。
良い感じでマルチプライヤーワイルドも絡んでいるので、かなり高額配当が出ていますね。

最後はこの方。2つ目と同じですが、内容は異なりますよ。

ベット額が0.20ドルと低いのですが、メガワイルドと高額シンボルとマルチプライヤーワイルドが絶妙にリンクして、一挙に200倍の配当をゲットしていますね。
さすがにこの並びは最強です。

Tome of madnessに似たおすすめゲーム

Tome of madnessではなんとなく物足りない、と感じる方向けに、よく似ているものの特徴が異なる2つのゲームを紹介します。

より爆発力重視なら『Reactoonz』

「もっと爆発力が欲しい」と感じる方には、同じPlay’n GOからリリースされているReactoonzがおすすめです。
Reactoonzにはフリースピンがないものの、Tome of madnessと同じように消去したシンボルの数により様々なフィーチャーが発動。

最終的にはTome of madnessのメガワイルドよりも強力なGargantoonが出現。
メガワイルドよりさらに大きい3×3の面積を占め、1000倍を超えるような配当を生み出してくれることもあります。

反面、Tome of madnessと比べてコイン持ちは悪いので、リスクを冒して稼ぎにいきたい方におすすめです。

リアクトゥーンズ(reactoonz)【ビデオスロット攻略法考察】

より安定性重視なら『Sweet Alchemy』

Sweet AlchemyもPlay’n GOのビデオスロット。
このSweet Alchemyも消去したシンボルに応じて様々なフィーチャーが発動されていきます。

Tome of madnessも非常にフリースピンが軽いですが、Sweet Alchemyはそれ以上。
業界でもトップクラスにフリースピンを獲得しやすいビデオスロットであると感じています。

もちろん爆発力が欠ける部分もありますが、フリースピンの結果次第ではレベルアップすることができ、一定のレベルに到達すると、ボーナスを獲得可能。

資金を守りながらプレイしたい安定性重視のプレイヤーには特におすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。